授業の概要

授業の特徴

1.学年をまたがる少人数制のアクティブラーニング

 

2.子ども達が、問いも答えもつくりだす

 

3.議論、発表、教え合いなどから人間の多様性と協働の大切さ

 

4.教科横断型のテーマから種々の考える力を強化

 

5.教科書からは得られない学びを、実体験を通して学ぶ

 

6.2020年度の大学入試改革に対応したプログラム

これからは、思考力、判断力、表現力が問われる時代!

 

インプット&アウトプットの相乗効果

真の学力を身につけるために、新しい授業を創造します。

考える力 〜守りの学力 (基礎学力の修得)

様々な思考力(○○力)を満遍なく鍛える。

個人: 複数の課題から選択し、質・量共に個人レベルに合わせマイペースで。時間を最大限有効活用し、集中して課題に取り組む。

グループ: 対話、討論、ゲーム、クイズも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1) 教科の枠を越え考える力を強化

 

2) 難しい問題も解決

 

3) 多様性を知りグローバル社会に適応

 

4) 実生活において、知識や技術をフル活用

 

5) 今後の大学入試改革にも対応

  思考力・判断力・表現力


ルールをみつけよう

もし○○があったら何をする?

ものの見方を変えてみよう

 両方の立場で

 実験の計画を立てよう

 

など

創造〜攻めの学力 (実践的、総合的な人間力の創造)

生き方につながる自然や社会の重要課題に対して、グループで試行錯誤しながら、"科学的に"解決して行く体験型の探究学習

 

自由研究、探Q、実験・観察・調査など、

子ども達が主体的にQを見つけ、探Qテーマを作り、計画を立てて行う。

子ども達由来のテーマはおよそ6割。

 

人間科学から自然科学まで

五感を働かせて

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1) 答えのない課題の楽しさを体感

 

2) 日常でも科学的に物事を考える習慣を

 

3) 試行錯誤しながら、粘り強く取り組む

 

4) 省察により、積極性、行動力を獲得

 

5) 自分自身→人間社会→自然界→宇宙のつながりを認識し壮大な人生観を構築

自己を宇宙の中の個として捉える世界観


わたしの作り方

宇宙の探Q

からだの探Q

数字の探Q

小さな世界、大きな世界

いろはの探Q

詩の探究

〇〇の父

職業リレー

未来の探Q

偶然の不思議

ちょうどそのとき?!

こころの探Q

笑いとユーモアの探究

音楽の探Q

生きるとは?

 

など