探Q力をきたえよう!

多治見市の市民企画講座 (オープンキャンパス)のお知らせ

現在、チケット販売中です (19日まで)

○多治見市のみなさま、はじめまして。

○多治見市以外にお住まいのみなさまも参加できます。

3回にわたって、「手と目を使って探Q力をきたえよう!」講座を実施します。

本講座は、こんな小学生さんにオススメです。

■探Q力ってなんだ??っていうお子様、
■興味関心の分野を広げたいお子様、
■学びの楽しさを再発見したいお子様、
■現在の学びの環境がなんだか物足りないお子様
■手や目など身体を使って、五感で学びたいお子様

根本交流センターへのアクセス (根本交流センターHPより)

根本駅から南へ徒歩2分


探Q力を鍛えたい方は、ぜひ、探Q舎にお越しください。

無料体験も実施中です。講座とは少し雰囲気が異なりふかく踏み込みます!

過去の講座の様子

 美濃加茂市生涯学習センターにて10月より12月まで実施いたしました。

ものごとを深く広くしっかり考える力を身につけたい方の市民企画講座でした。

美濃加茂市の受講者様の声 (アンケート回答者6名)

【子ども達の回答】

Q1) 講座はどうでしたか?(おもしろかった、わからない、つまらなかったの3択)

おもしろかった:6名

 

Q2)おもしろかったところは?(自由記述方式)

ぜんぶ :2名、じっけん:1名、しょくべにを使ったこと:1名、お兄ちゃんたちと学べたこと:1名、未記入:1名

 

Q3) つまらなかったところは? (自由記述方式)

ない、あるわけない:1名、なし:3名、12/4:1名、未記入:1名

 

 

【保護者様の回答】
1)講座の良かった点 (自由記述方式)
■色々な体験ができ、それによって色んな興味を持てるようになったと思います。
覚えたことを家で話したり、それに関連したことを調べて教えたりしていました。


■子どもの興味が高い内容、好きなことが多かった。

■毎回いろんなことを企画してくださり、いろんな経験をさせてもらえた。
どんな意見も否定せず受け入れてくれるところ。必ずしも1つの答えにたどりつかなくてもいいんだなと思って安心して見ていられた。

■こどもが、たのしく、いろんなことに取り組めた。

■子どもにとって興味のあることを、頭をつかったり、手をつかったりして、そこから学び を得られたことが良かったと思います。

■学年が違う子供が一緒に学べたところ。

2) 講座の悪かった点、改善すべき点
■年長には少し?難しい所がありました。本人はそれでも楽しんでいました。

■家で復習する資料をいただけると良かった。

←今後、このような機会があれば、お持ち帰りいただく資料を用意するようにいたします。

■年長〜6年生ということで理解力に差があるので、資料はもう少しわかりやすいものを用 意していただいたほうがよかったかも?(年長さんの保護者様)

■特に、思いうかびません。

■楽しすぎて(笑)時間が足りない。

3)講座を受けられて、お子様に何らかの変化はありましたか?
■分からないことを解決する様、努力する様になった。

■まだ何とも言えませんが、少し考える力は出てきたような?

■ふだん、家ではやらないこと(やりたがらないこと)、例えば、米つぶ並べや、ハサミの作 業など、こちらでは、いっしょうけんめいやっていました。

■まだ、特にありません。

■確実に探求心が高まりました。


第10回_12/4_あたまのなかでくるくる回転しよう!

最終回は、算数の立体をあつかいました。

想像力、空間認識能力が必要です。

第9回_11/27_かがくはんのうとなかよしになろう!

日常生活の中には、意外にも多くの化学反応があふれています。

私たちの身体の中でも、休まず化学反応がおこっています。

 

今回は、身近な材料を使って、ちょっとめずらしい化学反応を自分たちの手で起こしました。思いのままに遊んで楽しんでいただきました。

第7回_11/13_そうぞうりょくをきたえよう!       (おおきなかずをそうぞうしよう)

 

大きな数をイメージする力を鍛える2に増える数のスケールの大きさを実感する、というのが今回のテーマです。想像力も忍耐力も一緒に鍛えちゃいましょう。

 

具体的な数字は重要でなく、実際に自分の手で実験をして体感することが目的です。

数年後にはグラフも得意になっちゃってくださーい!10年後には極限も対数もかかってこい!!?

 

第6回_11/6_いきものたちのリレー!                                               (きょうりゅうたちにおもいをはせる)

きょうりゅうたちは、みんなそれぞれ、くふうしてがんばっていきつづけてきた。

ちきゅうたんじょういらい、いのちのバトンはひきつがれている。

わたしたちにんげんがいまいきているのも、おおくのいきものがむかしいきてくれたから。

じっさいに、きょうりゅうは、いまもいきつづけている。

第5回_10/30_わたしたちのせかいをひろげよう!

たいよう、わくせい、つきのおおきさをひかくしました。

たいようとわくせいのきょりも、みんなでかんがえました。

わたしたちのせかいは、ほんとうにひろ〜〜〜〜いですね。